松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
Kを訪ねて
昨日、ケリチョの更生院へ入所中のK(11歳)を訪ねた。同行者はKが会いたいと言った子ども二人(ギデオとラファエル)にスタッフ1名。ケリチョはお茶の産地として有名なティカから片道、車で最低5時間はかかる遠隔地。

昨日「ニュー・ホーム」を出たのは、まだ暗い早朝5時。行きはティカのメインステージからこれまたフラミンゴで有名なナクルへ、ナクルからケリチョへと言う行程。待ち時間も入れて行きは8時間。着いたのは午後1時過ぎ。

久しぶりに会ったKは恥ずかしそうな照れた様子。でも笑顔が嬉しそう!先生の許可を得てそこから歩いて10分ほどの所の小さなお店で、ソーダ、パン、揚げパン、歯磨きチューブ、ワセリン、果物等々、彼が欲しがる物を購入、一緒に他の子どもたちへのビスケットを二箱購入し、院へ帰って話し始めた。

私は「どう?元気にしている?大丈夫?問題は無い?友達はできた?」と聞いたことぐらい、後はギデオンとラファエルと3人で自由に、楽しそうに話していた。その間、遠くから近くから羨ましそうな子どもたちの視線。なぜだか申し訳ない。きっと訪問してくれる人もいないのだろう。

ある子どものことで、先生方から相談があった。彼は12歳、両親はいるのだが二人共アル中で子どもに辛く当たるとのこと。彼は入所してから2年になるとのことだが、両親の訪問はない。そこで、ある長期の休みに彼を両親の元に返してみたところ、数日立って、隣人から連絡があり、母親が2箇所彼の腕に切りつけ、病院で手術中とのこと。

慌てて職員が駆けつけ、対処したという。両親はなぜだか逮捕されなかったとのこと。その後は、彼は家へ返していないとのこと。ただ、最大、後1年で彼は院をでなければならない。相談は、その時彼を「ニュー・ホーム」に入居させてくれないかと。

色々話し合い、子どもの安全と保護をまず第一に考え、共に働くことになった。ケリチョの更生院は小さな子ども用、学年も小学校4年生まで。全国から入所している。現在50名余の入所している子どもたちが、それぞれに何をしてこの更生院に入所することになったのか、ここを出た後、どこへ行けるのか・・。

Kについては良いニュースがあった。このまま彼が問題を起こさなければ、8月の夏休みに一時帰省させてくれるという。そのときに上記の彼も一緒にモヨに招けないだろうかと思い始めている。

さてさて、タウンで遅い昼食を終え、今度はナイロビ経由で帰途についた。ケリチョでナイロビ行きに乗ったのに、途中で車を変えられたり、小休憩のガソリンスタンドでは大型トラック同士の衝突があったり、途中でも大型トラックとバスが衝突した後に行き合わせたり(この事故で10名以上の方々が即死だったとか)と、気の抜けない帰り道だった。

それでも、行きより1時間早い7時間で、「ニュー・ホーム」へ帰ったのは、夜の10時過ぎ。本当に長い一日、長い日帰りの旅だった。でも、Kのあの嬉しそうな笑顔が見られただけで、「行ってよかった!」と思える。

まだ、疲れが十分に取れない。15時間のマタツは年寄りには堪える!

2月19日(火)記        テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 18:39 | - | -
Mが帰ってきた!
以前ご報告したタンザニア生まれのM(11歳)が、スタッフとのちょっとしたトラブルで「ニュー・ホーム」から姿を消したのが先週の土曜日(2月9日)の午前中。

モヨでは本来なら特別な事情がない限り探さないのだが、彼がここ暫くの間に経験したことを思うと、どうしても探さざるを得ないと判断、スタッフにも探すよう頼んだ。私も昨日(2月11日)、タウンへ出た時に、彼と出会ったところ、ストリートの子どもたちの立ち寄りそうな所を探してみたが見つからなかった。

今朝、スタッフミーティングを終えて部屋を出ると、「Mが帰ってきた」とジュグナ(3歳)が言っているとの報告。慌ててスタッフに近辺を探してもらい、私も探した。ゲートの前で、出会ったスタッフが前のアパートの影に向かって何かを呼びかけている。

「M?Mなの?!」とつい大きな声で呼びかけた。恥ずかしそうにMが出てきた。「待ってたよ!探したんだよ!よく帰ってきたね!嬉しい!!」と抱きしめながら、涙が出てきた。よく帰ってくれたと。「ここが貴方の家なんだよ!」と言うと、頷いてくれた。

シャワー浴びさせ、何処にいたのかと聞くと、タウンで知り合った子の家にいたとのことだが、真偽の程は分からない。今わからなくても良い。帰って来てくれただけで良い!

「どうする学校行く?それともゆっくりする?」と聞くと「学校へ行く」とのこと。それも「今日から行く」と。制服に着替え、チャイを飲み、丁度学校へ書類を届けに行くスタッフに付き添われて、先程学校へ。

これからも、何回も壁に突き当たるだろう。その時にお互いが試される。兎も角、第一回目はクリアできた!それで良し!

2月12日(火)記      テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 16:41 | - | -
「支える会」に強い味方!登場!!
愛媛在住の高塚政生さんが「モヨ・チルドレン・センターを支える会」を発足してくださったのは、2004年。それから15年、ほとんど高塚さんお一人で作業してくださった。時には誰か手伝ってくださる人を入れようとの話も出たが、諸事情で実現には至らなかった。

この度、やっと強い味方!が現れた!彼女の名前は佐藤南帆さん、20代のお若い看護師さん。私は南帆さんと呼ばせて頂いている。彼女と知り合ったのは昨年6月。その後、9月には1週間ほどケニアのモヨを訪問してくださった。

この南帆さん、コンピューターに滅法強い!加えて凄まじいと言えるほど、決断力に富み、動きが早い!「何かお手伝いできないか」と言ってくださって、「支える会」のお手伝いをお願いすると、即座に代表の高塚さんと直接会い、相談され、広報を担当してくださることになった。「モヨ・チルドレン・センターを支える会・広報担当」の誕生である!

そして、これまたアッと言う間に活動開始!新しいモヨのホームページを立ち上げて下さった。以下がアドレスである。是非ご一読を!https://www.moyochildren.com/  加えて、広報のみではなく、私のチケットの購入、講演会の主催、他の方々への働きかけ等々、諸々のことをしてくださっている。

本当に心強い味方!登場!!である。この場を借りて心よりの感謝を!!そして末永くお付き合いいただけますように!!!

2月9日(土)記        テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 16:45 | - | -
10年ぶりのパスポート更新
昨日(2月7日・木)、延ばし延ばしになっていた、パスポートの更新申込みにナイロビの日本大使館へ。

そういえば思い出すのは10年前のこと。どういう勘違いか、うっかり?パスポートの更新を忘れ、気がついたらパスポートの期限が切れて、半月以上経っていた。あるところへ向かう途中でそのことに気づいたものの時すでに遅し!「パスポートチェックがありませんように!」と祈るような気持ちだった。

直ぐに大使館へ電話、どうすればよいのか尋ねたら「松下さん、数日ならどうにかできたかもしれませんが、これだけ期限が過ぎていればどうにもなりません。お気の毒ながら、日本から〜の書類を取り寄せて持参、改めてパスポートを取得ください」とのことだった。

今回は、3月に期限が切れるので、早めに手続きをと思い、大使館員の方に聞いてみると、1年前から更新できるとのこと。それも知らなかった。でも今回は余裕の申請だ。ただ、次はケニアのビザを新しいパスポートに移行してもらわなければならない。それが直ぐできるのかどうか・・、次々に心配してしまう。

今回も10年分を申請した。発行は2月14日以降。それにしても、前回の更新は私が63歳の時、次の更新の時は私は83歳、元気でいたいものだ。

2月8日(金)記    テル

追記;昨日気がついた。「ニュー・ホーム」の子どもたちの中で最年少は3歳、私と70歳の差。不思議な気がする。子どもたちは大笑い!
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 15:09 | - | -
タンザニア生まれのM
児童局から、「ある男の子の母親が逮捕され、男の子が残された。暫く預かって欲しい」との電話が入ったのは一昨日(1月31日・木)。直ぐに児童局へ。その子は先週のモヨのコンサートに来たストリートの子どもの一人だった。

「あなただったんだ!お母さんが大変だね。お母さんを待ちながら、暫くモヨにいようか」。そのまま「ニュー・ホーム」へ。着いてもほとんど口を開かない。心を閉じているのが感じられる。子どもたちやスタッフが話しかけても黙ったまま。ただ、最低限の意思は通じて行動はする。

もっと詳しいことを知りたいと児童局へ。そこで分かったのは彼はタンザニアで生まれで、11歳下12歳。彼の母親には4人の子どもがいて、彼は末っ子。兄二人と姉はタンザニアにいるとのこと。ただ彼がケニアへ連れてこられたのは、彼がまだ小さい頃でほとんど記憶は無いとのこと。

母親は身体障がいがあり、身体障がいの人たちを食い物にしているブローカーに騙されてケニアへ連れて来られたようだ。母親の気の強さのせいで持て余したのか、二人はティカで捨てられ、母親は彼と路上で物乞いを始めた。そこは児童局の直ぐ側で、児童局のオフィサーも彼が小さい頃から見慣れていたという。ただ、そこは道の反対側で、私は気がついていなかった。

さて、2017年に彼はあるNGOに見出され、そこへ入居。そこから寄宿制の小学校へ。1年いたものの続かず路上へ。そのNGOが探し出し、また学校へ戻そうとしたものの成功せず、母親に酷い悪態をつかれ、匙を投げる。そのNGOのオフィサーに手を出し、警察沙汰になり逮捕された模様。ただ、母親は翌日には釈放されたらしい。今は行方が分からない。

彼に聞いた、「前いたNGOに帰る?それともここにいてここから学校へ行く?」。「ここに居たい」「分かった。じゃあ児童局のオフィサーに頼んでみる」。そして昨日改めて児童局へ。モヨへの入居を二つ返事で承諾してくれた。児童局も処置に困っていたらしい。

ボツボツと話し出した。子どもたちやスタッフにも馴染みだしているようだ。いつか、母親に会わなければならないが、当面は彼の心が少しずつ癒され、ここで安心して過ごせるようになってもらいたい。

来週の月曜日に編入手続きに入る。タンザニア生まれの彼の出生証明書をどのように取るか等も含めて問題は多そうだ。児童局と相談しながら、一つ一つ片付けていこう。

3歳児の入居、エイズの子どもの受け入れに続く、外国籍の子どもの受け入れ等々、新しいことへの挑戦は続く。

2月2日(土)記      テル

- | 16:17 | - | -