松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
スタッフミーティング
今日(8月24日・水)の朝のスタッフミーティングでのことです。「今日は議題を2つに絞って話し合います。1点目はモヨの許可無く、勝手にモヨの敷地、建物、私の車などをまるで自分の所有であるかのように写し、FB等に掲載しているスタッフがいる件に関して。これはモヨの私書箱を許可無く勝手に使用していることも含みます加えて各国からのモヨへの訪問客やボランティアに個人的にアプローチして、自宅に泊めたり、贈り物などを受け取っているスタッフがいることも判明しています。この件に関しては話し合いでは無くモヨは禁止しています。一人ひとりと改めて話し合いますが、もし、今後そのようなことが発覚すれば、そのスタッフは直ちに辞めて貰います。皆さんの今日の記録の中にこの警告を明確に記して置いてください」と厳しく通告。

2点目は実習生のスマホに関する件です。「実習生にはモヨで引き受ける条件として、昼食時間を除いてはスマホでゲームをしたり、それで遊ぶことは禁止しましたよね。でもスタッフから実習生が子ども達を見ず、スマホを弄ってばかりいるとの不満が寄せられています。私も見かけて注意しましたよね。もしそれが止められないのなら、どうか別のところで実習してください。モヨのやり方に従えないようなら実習を引き受けられません。」とこれまた実習生に強く通告。

その後、現在判明している件について、該当者を呼び、厳しく再確認しました。

子ども達だけではなく、スタッフや実習生たち大人にも色々なケースがあります。

8月24日(水)記    テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 20:23 | - | -
K「ニュー・ホーム」へ
先日ご報告したK(2014年に自立したものの失敗?して大麻に走った?)が昨日「ニュー・ホーム」へ帰って来ました。これから1年、改めて「ニュー・ホーム」に住み、ここから学校へ通うことになります。仕切り直しです。

ただ、様子を見ていると、どうも本人もすっきりしていない節も見られ、改めての仕切り直しがスムースに進行するかどうか・・・一抹の不安を感じないでもありませんが、思い切って改めてのチャンスを与えることにしました。様子を見ながらの新しい旅立ちです。

学校が始まるのは9月1日、それまでは台所の建築を中心に手伝いながら、編入を待ちます。

他の子ども達の短い夏休みも今週一杯で終わり、来週の月曜日(8月29日)から、新学期が始まります。その前に日本からのお客様をお迎えすることになっていて、その歓迎準備に大童です。子ども達も楽しみながら準備に励んでくれています。

8月22日(月)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 16:06 | - | -
昨日の新聞から
今昨日(8月19日・金)の新聞を手にしているのですが、その中に日本に関係する大きな記事がありました。sixth Tokyo International Conference on African Development ( TICAD ) Summitに付いてです。このサミットは日本が主催して5年に一度開催されるのですが、今回の6回目に至り初めて外国で、しかもアフリカ・ケニアのナイロビで開催されます。アフリカの発展について話し合う会議です。メインのサミットは27日(土)28日(日)にKICCというナイロビ中心街の会議場で開かれます。

今回は日本から4000人、アフリカ諸国から6000人が参加するのだそうです。中には35名の首相或いは大統領が含まれているとのことです。メイン会場とは別に74会場で日本関連の色々な行事も催されるとのこと。その規模の大きさに驚いています。ケニアではこの期間中に120億ケニアシリング(約120億円)が落ちる?と見込まれているようです。本当に大きな行事で、来週はナイロビ市内の色々な道路が閉鎖されるとのこと。渋滞も予想されます。

当然警備も厳しく、色々な問題が起きるのではと予想されています。できるなら来週はナイロビに近寄りたくないのですが、来週の夜に大切な約束を二つ抱えている私は、行かない訳にはいきません。ナイロビはタクシーも予約で一杯のようですし、ホテルもほとんど予約済みらしいと聞くと、さてどうしたものかと・・・。取り敢えずいつもお願いしているティカのタクシードライバーさんと相談を始めたばかりです。

8月20日(土)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 17:13 | - | -
子ども達大活躍!
昨日(8月18日・木)は子ども達にも手伝ってもらって、総出で色々な作業をしました。子ども達は3グループに別れ各グループにはスタッフと実習生が付きます。グループAは台所建築のお手伝い、 グループBはゲートの錆落としとその後のペンキ塗り、グループCは室内の机と椅子を綺麗に洗った後、ニス塗りです。

私がケニアへ帰国来、留守中に保健省から要請された件について一つずつ、手がけています。トイレの改築、台所の新築と移転から始めました。トイレの改築は終わり、現在は台所の建築と同時に上記の仕事も始めました。折角始めるのなら、今月末に来られるヴィジターの到着に間に合わせようと、皆で頑張りました。

グループAは大きい子ども達が中心なのですが、何人かが何時の間にかいなくなり、後でこっぴどく叱られていました。現在はウガンダからのボランティアとスタッフを中心に作業が進んでいます。屋根の骨格ができたところまできています。グループBはちびっ子達が頑張り、綺麗に錆を落とし、ペンキ塗りも上手くいきました!まるでプロがやったかのようにピカピカに仕上がりました。皆楽しみながら働いてくれました。グループCは椅子は上手くいったのですが、机の方は修理前より見栄えが悪くなってしまいました。これはやり方に問題があったので、改めてプロの指導を仰ぐことになりました。

安く仕上げるために自分達のできるところは自分達でと、材料の購入から全て子ども達やスタッフの手でやっているのですが、「ニュー・ホーム」を建てた時の建築会社のワーカーだったスタッフのタイタスが色々なことに詳しく、彼を中心に仕事が進んでいます。大分安く終えられそうです。それにしても素人でも何とかなるものだと感心しています。

8月19日(金)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 21:22 | - | -
Kの挫折と期間
「どうするの?これから?」「どうしたらいいか解らない。でも前の正常な(ノーマルな)生活に戻りたい」「本当にそう思うの?」「はい」・・・2時間以上、こういう会話が続きました。「マダム、もう一度勉強するチャンスをもらえませんか?もう一度やり直したい」「・・・・」

最終的に彼の気持ちに添うことにしました。大麻を止めると言う条件の下で、彼をファッションデザイナーのコースへ再入学させることにしたのです。彼が高校をドロップアウトした後、自立する前に半年ほど洋裁コースに入れ、終了した学校です。この学校によると本来ファッションデザインコースは1年と半年なのですが、彼の場合は6ヶ月のコースを終えているので、後1年すれば卒業できると言う事でした。
ただ、大麻仲間が付いている事もあり、直ぐに「ニュー・ホーム」へ受け入れると言うわけにはいかず、現在友人の所へ泊めてもらって朝7時に「ニュー・ホーム」へ来て朝食、その後台所の建築その他を手伝い、ホームで昼食と夕食も食べてシャワーを浴び、友人宅へ帰るという生活を始めています。

学校の入学が9月1日なので、それまでに住む部屋を探すか、「ニュー・ホーム」から通わせるかを決めたいと思っています。今日も、本人とスタッフ、実習生とで話し合い、改めて大麻を止める。今後吸ったら支援を打ち切る ∨莊郤業料納入時に学校と話し合い、問題ががあれば支援を打ち切る B感箸泙任魯皀茲寮嫻げ爾砲△蝓▲皀茲離襦璽襪暴召ε々、色々なことを再確認しました。当分様子見というところです。本当の意味で自立するまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

8月18日(木)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 21:45 | - | -