松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
大きく育ってくれました!
A(16歳)がモヨに入居したのは2015年12月3日、母親が彼を虐待した罪で逮捕されたとき。その時は児童局からの依頼で、母親の刑が決まり、親類を見つけるまでの短期入居の依頼だった。それが1年の刑が確定し親戚も見つからず、そのまま預かることになった。正式入居は2015年12月22日。

とても痩せた神経質そうな子どもだった。身体には多くの虐待の傷跡があった。十分に食べさせてもらえず、客が来ると外に出され、近所の人々に助けられながらの生活。学校へ行けないことも多く、学校では友達にお弁当を分けてもらったことも多かったと聞いた。

モヨに来ても、なかなか馴染めない無口な子だった。免疫力が低いとのことで、チョットしたことでも長引き、病院通いが続いた。

母親が受刑している刑務所に彼とともに1ヶ月に一度は通った。母親は涙を流して彼に謝り、必ず更生してして迎えに来ると約束した。恩赦で10ヶ月で出所、一度は彼を訪ねて来たものの、その後行方不明。見つけたときは元の娼婦に戻り、アルコール中毒だけではなく、ドラッグにも手を出し、脳まで侵されているとのことだった。

そのまま彼はモヨに居続け、時には悪さもし、時にはスタッフや私を困らせもしながら、今年高校に入学。先日入学手続きのため、彼と同行し高校へ行った。いつの間にか彼は私の身長を遥かに超え、見渡すと新入生の中でも目立つほど背が高い方だった。

彼の夢はフィジシャンになること、その夢に向かって新しい一歩を踏み出した。いつか彼の母親にも彼の姿を見せたい。本当に大きく育ってくれました!

1月16日(木)記    テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 23:27 | - | -
雨が降れば農園に来たがる!
「風が吹けば桶屋が儲かる」という成句?がある。ふと思い出した。

今日(1月13日・月)、朝10時ころストリートの子ども、若者たち8名が大挙して「ニュー・ホーム」に押しかけてきた。12歳〜17歳。「俺達はマゴゴニのリハビリ農園へ行きたいんだ!」と。例によって、農園を出たり入ったり繰り返しているジェームスが引き連れている。

「分かった。でも農園には今4名の子どもたちがいる。今、受け入れられるのは3名のみ。後は空きを待ってもらうしか無い。取り敢えず、何回か出たり入ったりしている子は、もうマゴゴニを知っているんで、今回はまだ入ったことのない子に機会をあげよう」と選んだ3名。ただ、2名はドタキャン、仲良しが行かないと嫌だという。その子たちは「またね」という事で、以前入居したことのある子で、本気が覗くジョセフと初めてのアモスが入居することになった。

ジェームスともう一人が最後まで「行きたい!」と粘ったが、空きが出たら声をかけると約束して、引き取って?貰った。

「風が吹けば桶屋が儲かる」「雨が降れば、農園へ来たがる!」雨の日が続くと、農園へ入居したがる子どもが増える!

1月13日(月)記      テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 19:02 | - | -
新学期始まる!
2ヶ月余りの長い休みを終えて、今年の新学期が始まったのが1月6日(月)、それ以来早3日目。今日から、最年少のジュグナ(4歳)と兄のスティーブン(6歳)が同じ小学校の幼稚部へ入園。スティーブンはジュグナともう一人の兄、マシオコ(9歳)の間の次男だが、昨年まで別のNGOに引き取られていた。彼が合流したのが年末の12月30日、そろそろ馴染みだした様子。

一方、小学校1年からモヨに入居していたクリス(12歳・8年生)とムシオカ(15歳)が、元保護者の元へ保護者の名義を返すことになった。クリスが入居したのが2013年10月、6歳のとき、6年余前のこと、本当によく泣く子だった。ムシオカが入居したのは2012年12月、7年余り前になる。足の裏にジガという名の虫の卵がびっしり!痛くてきちんと歩けない子だった。その子達がどうにか無事に育ち、次のステップへ移る。

彼たちとの年月、次々に思い出す色々な’事件や出来事。淋しくなる。クリスは近所に住む叔父さんに引き取られ、今通っている小学校にそのまま通う。ムシオカは両親の住む家に帰り、知的障がいのある両親を助けながら、近場の小学校に残りの2年を通う。何れにしても、今後は彼たちの様子を見ながら、必要な支援をしていくことになる。

子どもたちは育ち、巣立っていく。彼たちが真の自立ができる日まで、見守り続けたい。

1月8日(水)記       テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 18:47 | - | -
高校義務化発表!
昨日(1月2日)の新聞の最後のページをみてビックリ!教育省?首脳の談話として全ての小学校卒業生(8年生卒業時に国家試験を受ける)は、全て高校へ行かせなければならないとのこと。それは、早期結婚している子どもにも適応される。そして、地方行政ともタイアップして、入学していない子どもがいないように確認する。行かせていない親には厳しい処置をすると。

100%全員小学校から高校へを強調するこの記事の中で、「両親を追跡していけば、両親はどうして子どもたちが学校に行っていないのかを話すだろう。政府としては、もし学校に行かせていない子どもを見つけたら、強制的に政府が学校に入学させる」とも言う。そして政府が昨年から始めた基金について触れ、具体的な数字が記されているが、そこから政府がやろうとしている全体像は見えてこない。

スタッフとこの記事を共有し、政府が責任を持ってやるのなら、それは有り難い!取り敢えず、モヨは高校学費支援のプログラムを一旦閉じると決定した。政府のお手並み拝見!である。

さて、今、子どもたちが通っている小学校の校長先生に、この件に関して聞いてみた。「去年も同じ発表をした。去年はティカのスラムも訪問した。でも、システムをちょっと弄っただけで、根本的なアクションは起こさなかった。政府は言っているだけで、全員入学なんてできる筈が無い!」と冷たい?反応。

さて、そうなのか・・。

1月3日(金)記      テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 21:39 | - | -
明けましておめでとうございます!
皆様、新しい年2020年、明けましておめでとうございます!昨年中は色々お世話になりました。本年もどうか宜しくお願い致します。新しい年が皆様にとって、ご家族にとって、お仲間に取って良い年になりますように!」

モヨでは1月1日に、ホームと農園の全ての子どもたち、スタッフで新年を祝いました。ティカは朝から晴天、雲一つない爽やかな新年の幕開け、ホームの子どもたちが飼っていた鶏の内の2羽の命を頂いて、子どもたちが捌き、料理して、新年のご馳走になりました。有り難いことです。

ご馳走の後、日本の風習に習って、一人ひとりが昨年の抱負の結果と今年の抱負を発表、お年玉を上げてお祝いを終え、子どもたちはお年玉を持って、まっしぐらに何処かへ!

入れ替わるように、ナイロビから二人の男性のお客様、グーグルマップでモヨを見つけられたのだとか。子どもたちへ沢山の食材その他をご持参くださいました。ホームをご案内して「自分たちは多くの孤児院を訪ねたが、ここが一番整っている。また来ますよ」と言ってくださいました。幸先の良い、1年の幕開けです。

今日から子どもたちは来週の新学期に向けて、宿題再点検、制服その他の再点検、崩れたリズムを元へ、家から持って帰ってきた病気の治療等々を始めました。

重ねて最後に、皆様、本年もどうか宜しくお願い致します!

1月2日(木)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 18:28 | - | -