松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< July 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
インターネット接続悪し!
今日(7月23日・土)はインターネットの接続が極端に悪い!朝、子どもミーティングまでの1時間余り接続をトライするも繋がらず、ミーティングの後、改めてトライ。1時間ほど繋がったり切断されたりが連続的に続き、纏まった仕事ができない!ストレスも溜まる!現在ケニア時間11:30、3時間半でこのブログを含め2編のブログを送信できたのみ。日本のインターネット接続状態が懐かしく、羨ましい!

7月23日(土)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 17:34 | - | -
子どもミーティングとスタッフ鍵紛失事件
今日(7月23日・土)、久々の土曜日の子どもミーティング出席。と言うのも7月12日にケニアへ帰国以来、翌週の土曜日は日本人学校とのサッカーの交流試合でナイロビに行ったので、土曜日の子どもミーティングはキャンセルだったからです。

 通常なら30分〜40分のミーティングなのですが、3ヶ月近くぶりのミーティングはとても長く1時間10分を越してしまいました。議題が山積みだったからです。畑のこと、鶏、兎、犬達動物のこと、夫々の洋服を保管する場所のこと、盗みや隠し事?のこと、靴のこと、洗濯の干し方のこと、教科書のこと等々本当に多くの議題が出ました。一つ一つ片付けていったのですが、それでも時間切れで、畑と動物達の件に関しては担当スタッフと担当の子ども達で、改めて話し合いの場を持つことになりました。

 
一方先日から問題になっていたのですが、スタッフが保管しているキーが紛失、スタッフ全員で探し、子ども達とも協議を重ねたとのことですが、見つかりませんでした。その鍵束にはオフィス、二つの倉庫、私の部屋、「ニュー・ホーム」の出入り口二つのドアのキーがついています。子ども達の安全にも関わるこのキーの保管については今までも何度か注意を与えてきました。そこで、スタッフの責任で関係する全ての鍵の本体を取り替えるよう要求してありました。

 先ほど、スタッフ全員で来て「本当に申し訳なかった。二度と繰り返さないので今回はモヨの経費で出していただけないか」との依頼があったのですが、それを断りました。彼達にキーの保管の大切さを心底知ってほしいからです。「それでは申し訳ないが、皆お金が無いので、取り合えずモヨに建て替えてもらって、給料から差し引いてもらえないだろうか」との依頼がありました。まだ全体で幾らかかるのか聞いてはいないのですが、4名でシェアーするとそう大きな金額になるとも思えないのですが・・。

 日々、色々なことが起きます。


7月23日(土)記    テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 17:23 | - | -
久しぶりの断水騒ぎ!
キボコの私の自宅では昨夜7時頃、食事の支度を始めようとした時には既に断水。今朝も復活せず、溜め置きの水を使っての歯磨き、洗顔等々。「ニュー・ホーム」へ来る途中、水道管が裂けたのか道路の一角は酷い水溜り、ドンドン水が溢れ出る。「ニュー・ホーム」へ着くと、「ニュー・ホーム」も同じ状態、昨夜から断水。タンクの水も使い切ったとのことでなすすべも無い。

食事の支度やトイレの配管を覆う作業に必要な水は、影響を受けていない地区からの貰い水。ただ子ども達の洗濯にまで水は回らない。そこで、「ラッキー!」とばかり、昼食後早く帰って来た低学年の子ども達と私のプライベートな買い物のためにタウンのスーパーマーケットへ。久しぶりのスーパーマーケットは、何処かの小学校の子ども達のショッピングで大賑やか!

「ニュー・ホーム」へ帰ると中学年の子ども達も帰り始める。スティックつき飴を皆で楽しみながらノンビリ。ただ困るのはトイレ。新しく作った座り式のトイレの水の使用量は椅子式のより少ないとのことでそれを使うことにし、トイレ用に隣の工事現場の溜め水をを貰い水。「お上」のお達しで座り式のトイレに改装しておいて良かった!?

日本へ帰国していた私にとっては久々の断水騒ぎも、子ども達とのノンビリしたひと時に替わりました。

7月22日(金)記    テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 22:11 | - | -
学校とのあれこれ
ここのところ、「ニュー・ホーム」の子ども達の通う小学校との摩擦?があれこれ起きています。これは今に始まったことではありません。違法な補習費徴収、体罰、お金の問題等々。スタッフとも話し合いながら、その都度対処しているのですが、暖簾に腕押し?ぬかに釘的なものがあり、時々空しくなります。

今、私が日本へ帰国中の支出をレシートを通じてチェックしているのですが、その中の教育費の比率は年々高くなってきています。高額な補習費(徴収は違法)、試験用紙代、学校の電気水道代、アクティビティ・フィー等々に加え、多くの教科書以外の教科書?購入も要求されます。一人一人でも高いと思わせられるのですが、モヨの子ども達は19名!本当に高額になってしまいます。そうしておいて、試験用紙も返してくれないのです。子ども達はそれを使って何処が間違ったか、を復習するのですが、「学校でやるので、家でやらなくても良い」と言って試験用紙を返してもらえないのです。保護者が買っているにも拘わらずです。その理由が解りません。他の小学校では返している学校もあるとのことですが・・・。

そうそう、4年生以上の子ども達の8月の遠足は一人2250シル(約2700円)、小学校の遠足としては法外な値段です。子ども達には申し訳ないのですが、対象になる全ての子どもをいかせることはできません。ただ8年生の二人はこれが小学校最後の遠足になるので、彼達が頼んできたら行かせることにしています。それにしても、この金額で何名の子ども達が参加できるのでしょうか・・・。

また全ての支払いに関して、領収書は一切出ません。保護者にとってはそれも問題です。特にNGOは毎年政府への報告義務があり、その中には会計報告も含まれます。この件に関しても何度かお願いしたのですが「領収書は出せない」の一点張り、改善の兆しはありません。そこで、一般的な情報として、教育委員会の方針、指針を聞いてきてもらうようにスタッフに指示しています。

さて、今日は子ども達はどんな問題を学校から持ち帰ってくるのでしょうか・・・。

7月22日(金)記    テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 17:30 | - | -
書類提出その他
昨日(7月20日・水)提出期限のNGOボードへの書類提出に当たっては色々なことがありました。まず最初は私の日本への帰国中に届いたNGOボードからのレターに添って準備をスタートしていたのですが、役員会の議長の弁護士のボビーの助言でスタッフを内容再確認のためにNGOボードに送ったところ、二つの書類を渡され、それに記入するようにとのこと。それに添って全て準備し、加えてボビーの助言で議事録やカバーレターも用意しました。
過程の中では、日本とウガンダの役員もまき込み、スッタモンダの数日だったのですが、全ての書類を揃えて提出した昨日(7月20日)新たに必要書類の一覧が記入されている書類を渡され、その中には新たに役員になった3人のパスポートサイズの写真が必要と明記されていました。

日々お会いするオフィサーによって違うことを要求されるのです!それでも昨日が期限、頼んで今日に延期してもらい、全てを準備し、今朝改めてスタッフに提出に行ってもらいました。また新たな書類を要求されなければ良いのですが・・・。

加えて、1昨日からは保健省が要求するトイレの改築にかかっています。3つのトイレの内二つを椅子式から座り式(?)に変える工事です。理由は「もし誰かが皮膚病や伝染病に罹った場合に直接の伝染を防ぎ、広がりを防ぐ」為だそうです。一つはしゃがめないハンディのある子どものために椅子式を残すと言うものです。ケニアでもどこも段々と椅子式のトイレになっている昨今???でもあります。

解るようなチョッと違うような・・・ですが、「お上」の命令には従わざるを得ません。そこで1昨日からのトイレ改装?と相成りました。次は居間の天井を塗りなおせとのご命令!雨漏りは修理してあるのですが、天井のしみが目障り?だとか。ケニアの一般家庭で天井のしみの無い家庭はほとんど見かけない・・のですが、施設だからと言うことでしょうか・・・。そのオフィサー達のご家庭を訪問してみたい!

という事で、天井を塗りなおす前にもう一度屋根のチェックをしてもらうことにし、今、屋根職人?さんが屋根を歩き回っています。歩き回る内に別の雨漏りの原因を作らなければ良いのですが・・・。その次はソファの修理、最後は大口の台所の建て替えです!さてさてこういう事態が何時まで続くことやら・・・です。

トイレからは職人さんのトテカントテカンと何かを叩いている音が聞こえます。

7月21日(木)記    テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 16:17 | - | -