松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
「モヨ通信31号」発行準備進行中
今日(9月22日・木)やっと発行準備中の「モヨ通信31号」用の私担当分の原稿を、編集長と関係者の皆様にお送りし終えました。予定より4日遅れの入稿完了?です。と言っても全ての原稿が予定された字数に収まらず、編集長泣かせの原稿です。それでも「後は編集長にお任せ!」で、ホッと一息ついているところです。

さて明日と明後日はナイロビに出る予定なので、スタッフに依頼し、封筒、糊などは今日購入、日本からのお客様に宛先カードを切り離してもらう作業を進めて貰っています。今日中に封筒にスタンプを押し、振込用紙を半分に折っておく作業も着手してもらいます。明日、銀行へ行って預金を下ろし、ナイロビの中央郵便局で記念切手を探し、購入するのは私の担当です。今週の日曜日には「ニュー・ホーム」の子ども達にも作業を手伝ってもらえると思います。

という訳で、少々遅れ気味であるものの、次号の発行準備は進んでいます。

9月22日(木)記    テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 20:40 | - | -
ナイロビマラソン2016・スポンサー募集!
去る9月18日(日)に「ナイロビマラソン2016・スポンサー募集!」のメールで皆様にご協力をお願いして以来、数人の方々からスポンサーになる旨のメールを頂き、現在「ニュー・ホーム」の子ども達、スタッフ、役員、計29名の内、小さい子ども達を中心に、子ども達10名のスポンサーお申し出を頂いています。本当にありがたいことです。

中には数年同じ子どものスポンサーをしてくださる方、当方に人選をお任せくださる方と色々ですが、今年もまず全ての子ども達にスポンサーをと呼びかけています。今年のマラソンは10月30日(日)ですが、最後の日まで皆様のご協力をよろしくお願い致します。

子ども達とスタッフは訓練を始めました。今年も全員完走!を目指して頑張ります!重ねてよろしくお願い致します!

9月21日(水)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 18:08 | - | -
Fwd: ナイロビマラソン2016・スポンサー募集!

---------- Forwarded message ----------
From: Terumi MATSUSHITA <moyo.children.centre@gmail.com>
Date: 2016-09-18 13:36 GMT+03:00
Subject: Fwd: ナイロビマラソン2016・スポンサー募集!
To: モヨ・チルドレン・センター(松下照美) <moyo.children.centre@gmail.com>



---------- Forwarded message ----------
From: Terumi MATSUSHITA <moyo.children.centre@gmail.com>
Date: 2016-09-18 13:29 GMT+03:00
Subject: Fwd: ナイロビマラソン2016・スポンサー募集!
To: モヨ・チルドレン・センター(松下照美) <moyo.children.centre@gmail.com>



---------- Forwarded message ----------
From: Terumi MATSUSHITA 


お世話になっている皆様へ

日頃お世話になっています。「モヨ・チルドレン・センター」の松下です。日頃はお世話になりながら、ご無沙汰ばかりで失礼しています。お許しください。

さて今年も早や9月、「ナイロビマラソンの季節が近付いてきました。今回の開催は10月30日(日)。今回も「モヨチーム」として参加、「チャリティ・ラン」をすることになりました。モヨとしては今回で10回目の参加になります。そこで改めて「ナイロマラソン」と「チャリティ・ラン」の仕組みに付いて簡単にご説明します。

ナイロビマラソン
※スタンダード・チャータード銀行主催 ※2003年にスタート、今回は14回目 ※毎年10月の最終日曜日に開催 ※コースは.侫.潺蝓治汽ロ ■隠哀ロ ハーフ・21キロ ぅ侫襦Γ苅殴ロ Tricycle・42キロ 車椅子・21キロ ※各コースとも制限時間5時間内 ※海抜1800メートルという世界最高地での公式マラソンレース

「モヨ・チャリティ・ラン」の仕組み
.皀茲料者を募る 

∩者のスポンサーを募る(個人・グループ・法人等)

スポンサーして頂く金額設定。1キロ×設定金額(昨年に続き、今年も1キロ:日本1,000円・ケニア1,000シリングと設定)
ぢ膕饂務局にランナーとコースを登録(登録料1名に付き2,000シル(≒2,000円)
ゥ好櫂鵐機爾靴討ださるランナーが完走したらお知らせし、お約束頂いた金額を、日本では郵便振替で、口座名:モヨ・チルドレン・センターを支える会 代表者:高塚政生 
口座番号:01660−1−73996 へ
ケニアでは 
Name / MOYO CHILDREN CENTRE Address: P. O. Box 2712 THIKA : Tel/ 020-2121356  Mobile / o722-791143
Standard Charterd Bank Limited
Branch / Muthaiga Branch
Account No. / 01020-187628-00
A / C Description / B F S Current Account
Currency / Kenyan Shilling
の口座に振り込んで頂く。

注: 仝朕佑鬟好櫂鵐機篠困か、キロ数でスポンサー頂き人選をこちらに任せていただく、或いはグループやお友達でご支援いただく等どのような形のご支援でも結構です。ご検討ください。注:▲吋縫内での交通費とT−シャツ代金は寄付金より賄う。 

以上です。

当モヨがこの「チャリティ・ラン」を始めたのが2007年、今年で10回目の参加になります。きっかけは主催者のスタンダード・チャータード銀行のマラソン担当者からのお誘いでした。それまで「チャリティ・ラン」という言葉も知らなかった私ですが、「子どもたちと一緒にアピールできる!子どもたちも資金集めに参加できる!」ということは大きな魅力でした。子どもたちも大賛成!それ以来毎年参加、皆様のご支援をお願いしています。スポンサー頂いたご厚志は活動費の一部として使わせて頂いています。今年もご協力のほどをよろしくお願い致します。

「ニュー・ホーム」の子どもたちも当然ながら昨年から1歳年を取り、夫々に大きくなりました。今年は子ども達は全員参加です。8年生の受験生も参加します。「ニュー・ホーム」の子ども達21名、スタッフ(私を含め)7名に加え、今年も役員のボビーが21キロで参加、計29名での参加です。その中で、昨年初めて10キロに挑戦したちびっ子6人衆の内、ダンソン・カーゴ(8歳)とアレックス・ムワンギ(11歳)は大きい子ども達に混じって21キロ初挑戦!です。

また昨年のナイロビマラソン以後「ニュー・ホーム」へ入居したラファエル・ンダヒ(11歳)、アレックス・キムニャ(11歳)、リチャード・ジュマ(14歳)、ケヴィン・ムワンギ(15歳)は初めてのナイロビマラソン参加で全員21キロ挑戦!、昨年臨時に参加したアモス・マイナ(16歳)も21キロで参加です。

外部からは今年もWORLD NAVI EAST AFRICAチーム18名、日本人学校チーム10名の皆さんもモヨチームとして参加してくださいます。

以下「ニュー・ホーム」関係のランナーとコースです。

※「M・C・C ホーム・・・通称ニュー・ホーム」の子どもたち
.瀬鵐愁鵝Εーゴ(8歳) ハーフ・21キロ
▲リス・ギタンガ(9歳) 10キロ
アレックス・ムワンギ(11歳)ハーフ・21キロ
ぅ薀侫.┘襦Ε鵐瀬辧複隠浦弌縫蓮璽奸Γ横吋ロ
ゥ▲譽奪ス・キムニャ(11歳)ハーフ・21キロ
Ε献腑札奸Ε錺┘襦複隠浦弌烹隠哀ロ
Д献腑札奸Εシオ(11歳)10キロ
┘瀬哀薀后Ε爛轡カ(12歳)10キロ
フランシス・キマニ(13歳)ハーフ・21キロ
リチャード・ナスキー(13歳) ハーフ・21キロ
トーマス・ジョロゲ(13歳)ハーフ・21キロ
ボンフェイス・ンダテ(14歳) ハーフ・21キロ
ブライアン・カマウ(14歳)ハーフ・21キロ
リチャード・ジュマ(14歳)ハーフ・21キロ
ジェームス・ワンブワ(15歳)ハーフ・21キロ
哀ーガスティン・キイル(15歳)ハーフ・21キロ
吋吋凜ン・ムワンギ(15歳)ハーフ・21キロ
殴デオン・ワルイ(16歳)ハーフ・21キロ
灰▲皀后Ε泪ぅ福複隠矯弌縫蓮璽奸Γ横吋ロ
粥ゥ圈璽拭次Ε鵐ンガ(19歳) ハーフ・21キロ
21.フレデリック・パティ(22歳) ハーフ・21キロ

※スタッフ
.僖肇螢奪・ブル(24歳) ハーフ・21キロ
▲屮薀ぅ▲鵝Εチエング(25歳)ハーフ・21キロ
ザカリア・ワイザカ(26歳)ハーフ・21キロ
ぅ咼ター・マルキ(28歳) ハーフ・21キロ
ゥ織咼拭Ε鵐献腑(36歳)10キロ
Ε織ぅ織后Εゼカ(40歳)5キロ
Ь床次‐犯(70歳)10キロ

※その他
.椒咫次Ε爛ンギ(役員・41歳) ハーフ・21キロ

計29名  

今年は登録期限が早く、皆様へのスポンサーお願いも例年より早くなっておりますが、今年もランナー全員にスポンサーを!と祈っております。皆様のご支援を心からお待ちしています。

最後になりましたが、このメールを私のメールアドレスの全ての方々に送らせて頂きます。失礼があればお許しください。

では重ねてご支援をよろしくお願い致します!!!支援くださる方は私のメールまでご連絡ください。

急ぎ、お願いのみ。

2016年9月16日記
モヨ・チルドレン・センター
松下照美-- 
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************



--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************



--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************



--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************



--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 17:48 | - | -
少々パニック気味!
ここのところお客様が多い上、「モヨ通信31号」の発行準備、子ども達の問題等々が重なり、少々パニック気味の私です。先週来、空港への送迎が5回、まるで旅行会社勤務のよう。加えて遥々日本から来てくださった方であれば、矢張り活動現場を出来るだけ見ていただきたいと、ついつい欲張ってご案内してしまいます。そんなこんなでとうとう「通信」の原稿締め切りを1週間遅らせてもらう始末に相成り、関係者の皆様にご迷惑をおかけしています。

また、先日お送りした「ナイロビマラソン2016・スポンサー募集!」のお願いに、皆様からご支援のメールが入り始めましたが、お礼のお返事を書く時間がなく、今しばらくお待ちいただくことになります。本当に申し訳ないことです。

まず、今週中に原稿を書き、その後、順を追ってお一人お一人にお返事を書かせていただきますので、今暫くお待ちいただけますように!

これから原稿書きにかかります。

9月20日(火)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 15:19 | - | -
キャンドゥトゥスラム訪問
昨日(9月15日・木)、お客様をご案内がてら、久々にキャンドゥトゥスラムを訪問。同行者は、日本からのお客様・Mさん、男性スタッフ1名、男性実習生1名に私の4名。いつも車を駐車させてもらう警察署にはたくさんの迷彩服を着た警察官?が。中にはまるで甲冑のような防弾服?を着た方も。「これだと撃たれても大丈夫なのですか?」「勿論だよ!着けてみる?」「はい!」「冗談だよ!」と軽口を交わしながら、駐車をお願いする。「いいよ。今日はキャンドゥトゥのどこへ行くの?」「ホームで預かっている子のお母さんにお会いしに」と知り合いの警察官と会話をし、駐車させて貰ってキャンドゥトゥへ。

先頭はスタッフ、次にMさんと私、その後を実習生がエスコート。スラムに入ったとたんに良い匂い!マンダジ(揚げパン)!「食べてきます?」「はい、初めてですけれど食べたいです」とMさん。皆でマンダジを2個ずつ、甘〜いミルクティを一杯ずつ、計100シル(約100円)。腹ごしらえが終ったところで歩き出す。何時もの叔母さんが「どうして私も誘ってくれないの?私もチャイが飲みたいし、マンダジも食べたいのに!」「ゴメン!又次にね」。

行く先々で声をかけてくださる。あちこちから「テルミ!」の声。「久しぶりだね。日本へ帰ってた?」「子ども達は元気?」「最近どうしてんの?」話しながらの歩きは本当に楽しい!まるごっと自分が迎えられているのを感じる。まるで近所の叔父さんや叔母さんたち、親戚のような気さえする。

そういえば暫く訪問しないうちに(と言っても1ヶ月ほどだが)、新築の家や改築している家が増えたよう。新品のトタンが眩しい光を放っている!道路には相変わらずビニール塵や、生塵が散乱し、溝は悪臭を放っているが、昔に較べると大分清潔になっている。ある地区ではほとんど子どもを見かけないのも様変わりか・・・。

「テルミ!」と声をかけられ、振り返るとナンシーのお母さん。ナンシーは高校の学費支援をした子。「久しぶりね。ナンシーはどうしてる?元気?」「とても元気!今ナイロビのケニヤッタ病院で看護師をしてる。もう30歳、子どもも一人いる」「え〜!もう30歳!良かったね。元気でよい職にも就けて」「ありがとう。マダムのおかげよ。是非家に立ち寄って」と皆で彼女の家へ。頑張って土地を買い、その土地に4軒の家(トタン張り)を建て2軒は他人に貸しているという。長男の息子(耳は聞こえ、知能にも問題は無いのだが声が出ない15歳の少年)と一緒に住んでいる。

暫く話して、キャンドゥトゥを後にする。スラム訪問は初めてのMさんの感想は「ティカのタウンのストリートの子ども達や若者達に囲まれた時のような恐怖心は湧かなかった。出会った皆さんがとても優しく、気さくな方々だった」、私もお会いしたかった「ニュー・ホーム」の子どもの親には会えなかったが、久々に皆さんに会えて、ホッとさせてもらったひと時でした。

9月16日(金)記    テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 18:08 | - | -