松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
昨日のこと

昨日(7月18日)は「新しい家」の昼間の部のスタッフのナンシーが1週間ぶりに復帰しました。パートナーがマラリアから肺炎を起し、世話が必要とのことで休んでいました。その間は家で働いているモーゼスが午前中はこちらの仕事、午後は「新しい家」へと随分頑張ってくれました。お昼までしか授業の無いジョンや特殊学級へ通っているブルもよく助けてくれました。無論?私も畑の水遣り等子どもたちと一緒にやりました。

さて昨日はスタジアムへ寄った後、一昨日のピウスを自宅へ連れ帰ったことの報告のため、子ども省とキボコ小学校を訪れました。子ども省ではチーフオフィサーは病気、正オフィサーのお一人はセミナー参加、またもう一人のオフィサーは車で子どもを撥ねて病院へ、秘書の方もその様子を見に病院へ行ったとかで、てんやわんやでした。

急遽呼びだされたボランティア・オフィサーは私も良く知っているピーターさん。彼に報告し、チーフオフィサーに伝えて貰えるよう依頼し帰ろうとした時「ちょっと待ってください。相談があります。今ここにいる小さな女の子なのですが、世話になっている叔母さんに苛められ、お祖母さんの所へ行きたいと訴えているのですが、そこまで送り届ける旅費をどうにかして貰えないでしょうか」とのことでした。こういう場合に何度か寄付しているので、同意し同行するボランティアの分も含め旅費を渡しました。

いつも、オフィサーが愚痴っているのですが、子ども省の扱う件数はとても多いのに、正職員の数は少なく、予算は本当に少ない!そこでNGOが当てにされると言う訳です。ちなみにその女の子は7、8才のように見えました。とてもしっかりした感じの子でしたが、これからどんな人生を歩むのか…とても気になります。
さてキボコ小学校では、校長先生に報告し、給食活動について少々相談、見かけた皮膚病の子どもの薬を買いにタウンへ引返し…行ったり来たりです。最近所用で頻繁にキボコ小学校へ出かけているので顔見知りの子どもたちが多くなりました。

今日は日本から支援者がお二人とウガンダからアロイジァスもやって来ます。アロイジァスが着き次第、ヴィジターをお迎えに一緒に空港まで出かける予定です。さ〜急いで来週の食料の買出しに行かねばなりません。

では、また。

7月19日記 テル

***********************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL/FAX: 254(KENYA)-020-2121356(新)
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo@africaonline.co.ke
***********************************


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teru.moyo.jp/trackback/1150540