松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
個人面談

昨夜(2月2日夜)久し振りに「新しい家」の子どもたちの個人面談をしました。というのも、ここ暫らく土曜日の子どもミーティングに出られなかったことに加え、スタッフの報告に拠ると彼たちが色々問題を起しているらしいということで久々の個人面談ということにしたものです。また、夜間担当のピウスが会計士受験勉強に専念することになり、代わりにモヨが高校4年間を学費支援したフランシス・ムトゥアが新しく夜間担当で働くことになったので、彼に折りに触れて行う「個人面談」に慣れて貰うためもありました。

さて「個人面談」と言っても大げさなものではありません。他の子どもたちがテレビを見ている間、一人一人別室に呼び話を聞くだけです。話題は折々の状況によりますが、まず最近「新しい家」や学校で問題は無いか、健康上の問題は無いか等一般的なことから始まり、その日に聞きたいことに移ります。

私としては昨夜は聞きたいことが2点ありました。一点は教師のストが終わり学校が再開された先週金曜日(1月30日)に、登校した筈の「新しい家」の子どもたちが登校していなかったと学校から連絡があったこと、後一点は子どもたちが近所のお宅のマンゴーを盗み、警備の人に捕まったという点です。

まず不登校に関してですが、子どもたちは「学校に行って待っていたら、校長先生が先生方が来ないので家に帰るようにと言ったので帰って来た」と言います。そこで校長先生に電話を入れて確認すると「そんなことは言った憶えも無く、先生方も全員登校した」というものです。この食い違いを質していくと、校長先生に直接言われた子どもは無く「校長先生が家に帰るよう言ったと誰かが言った」ので帰って来たということのようです。「誰かが」言い出し、皆がそれに乗ってしまったというのが真相のようです。そういう時は「校長先生やクラス担任の先生に直接聞いて行動するように」と注意したものの、「私でも乗ってしまったかも…」と密かに心の中で苦笑いでした。

さてその話の中でムトゥリが別行動を取っていたことが判明しました。他の子どもたちが家へ帰って来たのに、ムトゥリは友達と一緒にタウンに向かって歩いていたというのです。たまたま出勤途中のナンシーが見つけ「学校に帰るように」と注意して帰らせたということです。他の子どもたちからも「ムトゥリは授業が終っても帰って来ないで制服のままタウンに行ったり、キャンドゥトゥのスラムに帰ったりしている。もしかしたらシンナーも吸っているかも知れない」という話が出ました。

ムトゥリに確認すると「一度だけスラムに帰った。途中まで行ったけどタウンには行かなかった。シンナーは吸っていない」というものでした。「お母さんの所に帰りたかったら、お母さんとも相談して手続きしてあげるよ」と言ってみると「ここにいたい」との返事。「何処かへ出かけたい時には一端家に帰り、ナンシーの許可を得てから出かけるように」と言うと頷く彼ですが、更生院を出所し「新しい家」に来てから2ヶ月余り、慣れてきたのかそろそろ嘘や暴力が出始めています。行動範囲も広がりまたシンナーに手を出す心配が出始めてもいます。ちょっと「要注意」の時期かも知れません。

2点目のマンゴー盗難事件ですが、それが起きたのは先週の木曜日(1月29日)のこと。ナンシーの報告に拠ると、午後2時半頃、警備の人がエマニュエル、ザキアス、リチャードの3兄弟と預かっているライナスの4名を連れてきて「この子たちが近所のマンゴーを盗んでいたので、捕まえて連れて来た。注意するように」と注意を受けたそうです。慌てて他の子どもたちにも事情を聞いたものの何名が加わったのか判明せず、取り敢えずそこにいた全員を連れて謝りに行ったとのこと。

謝りに行った先のお宅のご主人はとても好意的な方で、子どもたちに「皆が一生懸命やってくれているのに、盗みなどしてモヨの名前を汚したりしないように」と注意してくれ、子どもたちにマンゴーを1つずつくださったそうです。この報告に、地域の方々が一緒に子どもたちを育ててくださっているということが実感されます。本当にありがたいことです。叱られるより返って子どもたちの心にも残ったのではと思います。

直ぐに子どもたちを連れて謝りに行ってくれたナンシー、それを好意的に受け止めてくださったご主人、この事件を通じて「新しい家」の子どもたちが学んだことはとても大きいのではと思ったりもしています。

ところで、3兄弟が始めて起こしたこの事件、首謀者はしたたかなライナス、彼に引き摺られての犯行?だったようです。塀の外に目の前にたわわになっているマンゴーについつい手が出て、3兄弟を誘い込んだというところでしょうか…。

そのライナスも今日「新しい家」から病院の中にある施設へ移ります。このことはまた改めて。

2月3日記 テル

***********************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL/FAX: 254(KENYA)-020-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo@africaonline.co.ke
***********************************


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teru.moyo.jp/trackback/1319792