松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
お客様を迎えて

2月22日(日)23日(月)の2日間、日本からのヴィジターをお迎えし、子どもたち共々楽しいひと時を頂きました。お客様はM大学のK教授とそのゼミの学生さんたち13名(女性10名・男性3名)に加え、ナイロビ在住のお二人のご案内の方々です。ゼミの一環としての今回のケニアの旅ということでした。

ケニアに着かれたのは2月17日、その後ナイロビその他を廻られティカに来られたのが2月22日の午前10時過ぎ、その足でキボコの「新しい家」へご案内し、子どもたちにも会って頂きました。その後「新しい家」の子どもたちも同乗し、その日の歓迎昼食会の会場セント・パトリック小学校へ。そこではスタッフのジェリを始め、行事のある度にいつもお手伝い頂くプリシラさんと数人の女性たちが昼食の準備中。ストリートの子どもたちもお手伝いです。その日のメニューは肉入りピラフ、ジャガイモと肉のスープ、野菜サラダにフルーツサラダ、飲み物はジュースと豪華です。

食事にはまだ時間があるとのことで、ストリートの子どもたちに街を案内して貰いました。彼たちがお金を稼ぐ場所、寝場所等々です。ストリートの子どもたちを先頭に「新しい家」の子どもたち、日本人が20名余りの大行進?に人々の目が集まります。学生さんたちは子どもたちと手を繋ぎ、話しながら楽しそうに歩いていました。

かれこれ40分余り歩いて帰った頃、ほとんど予定通りの1時半過ぎに食事の準備が出来ました。お借りした教室に食事が並び、さ〜これからサーブという時に一悶着が起きました。その日は「新しい家」の子どもたちと、スタジアムのストリートの子どもたちのリハビリのプログラムに参加している子どもたち15名を招待していたのですが、話を聞きつけたのかストリートから集まった子どもたちは25名はゆうに越え、それもシンナーを手にした大きい子どもたちもいます。

まずシンナー持参の大きい子は同席させないことにし、暫らく小競り合いが続きます。私たちのプロジェクトに参加していない子でも小さい子はそのまま一緒に食事ということに決定、楽しい食事が始まりました。

その後食事の後片付けも終わり、待望の日本Kゼミチームとモヨチームのサッカー対戦!15分ハーフです。審判は正式免状を持っていらっしゃるというナイロビ在住のMさんです。前半ハーフにモヨが2点、モヨは選手交代の後半ハーフは日本チーム1点、モヨが1点追加し、3対1でモヨの勝利でした!それにしても驚いたのは日本チームの女性たちの頑張りです。20才前後の彼女たちの懸命に走る姿の爽やかなこと!子どもたちもちょっとびっくりの彼女たちでした!

子どもたちに別れ、日本陣とモヨ役員はホテルへ、シャワーを浴び夕食です。夕食後も話しは尽きません。就寝したのはもう11時も過ぎていたでしょうか。

ヴィジターをお迎えしての一日目でした。

2月24日記 テル

***********************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)-020-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo@africaonline.co.ke
***********************************


コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teru.moyo.jp/trackback/1339774