松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
グレン・母親の元へ
先日ご報告したグレン・ムワンギ(通称グレン・11歳)を、今日(11月6日・月)、母親(継母)の元へ帰しました。

先週の月曜に児童局から彼を預かり、彼のバックグラウンドを追跡するよう依頼されて以来、今日で8日目、やっと彼が家へ連れて行ってくれると言い出し、スタッフ2名と一緒に彼の言う地域へ。またまた足が鈍りだし、もしかしてまた空振り・・と思い始めたところへ、偶然通りかかった二人の小学生が「僕この子知ってる!グレンだよね」と。

二人が案内してくれたのはグレンが言っていた地域とは大分離れた地域。「これだよ!」と彼たちが指さしたのは、電柱に貼られた大分色あせた「探し人」のポスター。そこにはグレンの写真が2枚と10月29日以来いなくなったことと、着ていた洋服の柄、色、連絡先の3つの電話番号が記されていた。

慌ててその番号の一つに電話すると母親(24歳)に繋がった。彼の家はその電柱のすぐ側。家に入り、母親とお隣さん、私達で話し合いを始める。母親もお隣さんも彼は実の子どもで、2歳の弟と二人兄弟で、弟が生まれてからぐれだした等々。彼が言っていた学校へは授業料もきちんと収めている、彼の傷跡のように見えるのは折檻したのでは無く、病気で、お医者にも連れて行ったと、子どもと母親の言うことは真っ向から対立。

児童局へ事情を話し、その足で児童局へ。児童局のオフィサーを中心に、母親、お隣さん、モヨのスタッフ、私で話し合いが始まる。メインに児童局のオフィサーが質問。段々と真実らしき事が見え始める。グレンは母親の実の子どもではなく、彼の実の母親が彼の姉(高校4年生)とグレンを残し、亡くなったのはグレンが2ヶ月の時。その後実の母親の妹が父親と結婚、それが現在の母親。グレンに現在の母親が実の母親では無いことを告げたのは姉。この姉と継母も上手くいっていない様子。

加えて、学校のことでも母親が嘘をついていたことが明らかに。父親に関してもモンバサに転勤になったというのは嘘で、現在刑務所に。今年の6月から服役しているとのこと。グレンはそれを知らないとのこと。複雑な状況が次々明らかに。私たちが母親を見つけ出すきっかけになった探し人のポスターは父親の母親(グレンの父方の祖母)が作って張り出したとのこと。

私たちが依頼されたのはグレンの背景を探ることなので、彼の件は今後児童局が仕切ることになるのだが・・・。何かスッキリしないものを感じつつ・・・、書類上はモヨにとっては一件落着・・・になる。今後、児童局が毎週月曜日に母親と彼に来させて様子を見るというが・・・。

黙って涙ぐんでいるグレンと別れる。

11月6日(月)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 22:19 | - | -