松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
Nの訪問
Nから突然電話があったのは、今週の月曜日(1月15日)。私に会いたいという。Nは2004年頃から3年間ほど私の元で働いていた。現在33歳とのことなので当時まだ20歳前後だったことになる。がっちりした体格でとても太っていた。スタッフとして働き始めた彼女は年齢よりも確りしているように感じられたものだ。信頼していた。

その彼女がある男性との間に生まれた女児に私の名前を付けたいと言い、その子は「テルミ」と名付けられた。その後、どの位経ってからだろうか、私が日本から帰ってみると、帰国中の活動費を持って姿を消し、スタジアムのオフィスは閉鎖されていた。当時親しくしていた他のNGOのお金も預かっていて、そのお金も持ったままだった。

暫くして叔母に連れられてやってきた彼女と話し合い、少しずつ返金してもらうことになったが、一度の返金も無いまま、また姿を消した。

そして昨日(1月18日)彼女が訪ねてきた。痩せてスッキリして元気そうだった。男性とは別れ、養鶏の仕事をしていたが、先日鶏を盗まれ、今はティカで品物を仕入れ、住んでいる地区で売っているという。「あの時はすみませんでした。お金は少しずつ返すので、モヨで雇ってもらえませんか」と言う。

彼女は3ベッドルームの家を建て、車も持っている。写真を見せてくれた。彼女の依頼をヤンワリ?と断った。子どもたちへとたくさんの野菜を持ってきてくれた。

未だにケニア人の気質が解らないことがままある。

1月19日(金)記     テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 11:35 | - | -