松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
長期休み・補習開始!
先週の土曜日、4月7日、子どもミーティングで子どもたちに聞きました。「高校へ進学したい人は手を上げて!」全員が手を上げました。「もう一度聞くよ。真剣に、心から、正直に、高校へ行きたい人、手を上げて!」これまた全員が挙手。

「解った!皆、本気で高校へ行きたいんだね。これから、スタッフと相談した、この3週間の休みのスケジュールを発表します。月曜から金曜日のスケジュールです。午前中は何時もの長期休みのように、8時半から11時半は勉強。10時から10時半は休憩で、スナックを楽しみます。勉強している間、騒いだり、人にチョッカイかけたりする人は部屋を出て階段で勉強してもらいます。」

「午後は7年生と8年生は、昼食後2時から4時まで特別補習。希望者のみ参加。但し参加しない者は高校に進学する意志なしと認めます。お友達で、一緒に勉強したいという人は連れてきてください。お友達にもスナックや昼食は提供します」

このアナウンスはチョット強引なやり方ではとも思ったのですが、誰もが「高校へ行きたい」と言うものの、真剣に勉強に取り組まないのに業を煮やしての結果です。日頃、「高校へ行くことだけが人生ではない。自分の興味の持てることを探すように」としつこく?言っているにも関わらずです!

そこで、チョット強硬に出て、彼たちを試してみることにしました。その結果を受けて、次の手を考えたいと思います。

特に8年生は受験まで後6ヶ月を余すのみ。6ヶ月後には進路を決めなければなりません。高校に入れる成績ではなく、真剣に勉強するでもない子どもたちもいます。その子達も「高校へ行く」と。チョット頑張れば高校入学は可能な子どももいます。そういう子どもたちを前に、チョット強硬にでざるを得ない状況ではあります。こちらの根気と対処の仕方が試されます。

昨日から高校の学費支援をしている男児(14歳・高1)が、我が家で泊まり込みで補習に参加しています。1学期の成績が良くなかったことと、家には学習スペースが無いということで、月曜から金曜まで「ニュー・ホーム」で泊まり込むことになりました。

また、今日は子どもたちが誘ったのか、何処かで聞いたのか、近所の8年生の男児が二人補習に参加し始めました。

さてさて、どういう結果になりましょうか。

4月10日(火)記  テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 15:41 | - | -