松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
ケニア帰国後
日本での3ヶ月近くの行脚を終え、子どもたちの元に帰って以来、早10日目。日本でお世話になった皆様へのお礼状をお送りした後、直ちに留守中に起きた問題整理を開始。10歳のKの起こした問題への対処、農園の視察と今後のことへの対処、NGOボードからの質問上への対処、ナイロビでの所用等々、休む暇のない日々。同日にケニア入りした、スタディのNさんにも手伝ってもらう。昨日には富山からOさんが。彼女は2回めの訪問。

苦しい選択を迫られること、スタッフの問題対処への失望等々の間で、嬉しいことも。ある日タウンで16回目の家出中のガシオ(16歳)に声をかけられた。「ガシオ、元気?気が向いたら家へ帰っておいでよ」「うん、考えとく」「待ってるね」との会話で、別れた翌日の夕方、重いカバンを持って帰ってきた。

「今回はどういう予定?どうしたい?」と聞くと、「まずシャワーを浴びて、ご飯をお腹いっぱい食べて、寝たい!」「分かった!ところで何日ぐらいいる?」「2日間、マゴゴニの農園に行ったら、タウンへ帰る」とのこと。

昨日、マゴゴニの農園へ。野菜への水やり等、喜々として手伝う。野菜に対する知識も豊富だ。「ところでガシオ、一体どの位、シンナー無しで暮らせる?」「タウンだと1時間半位、でも、こんな農園のような所だと、長時間大丈夫」と。

彼が帰ってきて、今日で3日目。他の子どもたちと混じり、違和感は余り無い。他の子どもたちも茶髪で、面白い?彼の髪型も、彼が携帯電話を持っていることも自然に受け入れてくれている。

彼が路上で描いた絵をいっぱい見せてもらった。今は売っていないとのこと。路上で絵を描いていると、それを見た人がお金をくれるのだとか。先日はローカルテレビに出演したと話してくれた。そのテレビ局の人が「テルミに電話する」って言っていたので、電話があったら話して」と、頼まれた。

色々あるが、矢張り、子どもたちとの生活は面白い!

今日はモヨを出て自立したケヴィンの婚約を祝う会!現在、子どもたちとスタッフが準備中。楽しい嬉しい一日になりますように!

9月8日(土)記        テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 17:13 | - | -