松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
ありがたいご寄付
先週の土曜日(4月25日)、ありがたいご寄付が続いた。お一方はティカでお商売をしていらっしゃる長年のご支援者インデ系ケニア人のアシュインさん、この方は折りに触れてご自身がご寄付くださったり、お知り合いをご紹介くださり、その方がご寄付くださったりする。本当にありがたいご支援者。

金曜日にお電話くださり、土曜日にショップに取りに伺う。コロナウイルスの関係上、お商売は下火で「開けているだけですよ」とのこと。今回頂いたのは豆類を始めとして粉類等々、長持ちする食材とソーダに加えマスクも。丁度来月分の籠城のため、食材備蓄の買い物をする直前だったので、本当に助かった!帰り際に「お互い、頑張って続けましょう!続けることが最も大切ですよ」と、励ましてくださった。

もうお一方はナイロビの友人ともさん、各種サイズのカラフルなマスクを沢山持ってきてくださった。おまけに?お肉やビスケットも。多分、子どもたちは産まれて初めてのマスク着用!夫々に好きな柄を選んで着用、ずらりと並ぶとまるで目だけギョロギョロさせた「子ども強盗団」かと、笑ってしまった。マゴゴニドラッグリハビリ農園の子どもたちとスタッフにも持って行ってもらった。

モヨのホームの子どもたちも、農園の子どもたちも外出はしないので、マスクを付ける機会はそう無いが、裏の畑で作業するときにマスク着用、何だか得意げだ。私は未だに咳の発作が時々起きるので、会議や子どもたちと長時間いるときは、室内でもマスク着用し助かっている。頂いたビスケットは既に頂き、冷凍したお肉は火曜日と木曜日に頂く予定。帰る間際、「テルさん、コロナに罹ったり、そうでなくても無くても治安が悪くなって、ティカが危なくなったら何時でもうちへ来て!遠慮しないでよ!」と、言ってくださった。本当に心強い!困ったときは、遠慮なく甘えさせてもらおう。

このコロナウイルス騒動の中、皆さんご自身も大変なのに、子どもたちやスタッフや私を気遣ってくださる方々が地元にも沢山いる。本当にありがたくて、ついつい涙してしまう。

アシュインさん、ともさん、本当にありがとうございました!!!

4月27日(月)記      テル
--
************************************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)(0)20-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo.children.centre@gmail.com
************************************************
- | 15:47 | - | -