松下ブログ

  Visit in November, 2009 Total Today Yesterday
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
スタジアムで

ティカ・スタジアムで行っている「ストリートの子どもたちのリハビリ」活動を一時休止することになりました。というのもスタジアムに避難している人々の一部からクレームが付いたと、警察からの勧告でした。

そのクレームというのはストリートの子どもたちが“鯑颪気譴討い詈々の家財、お金等を盗む可能性がある ∋劼匹發燭舛縫轡鵐福爾魘気┐訶悪影響があるという2点に付いてでした。警察としては活動を止めろと言っているのではなく、避難キャンプが閉鎖されるまで一時休止してくれと言うことでした。

ストリートの子どもたちは時には盗みもしますし、多くの子どもたちはシンナーも吸っています。だからこそ私たちの活動もありますし、避難されている方々のご心配もよく解ります。出来ればストリートの子どもたちと避難している子どもたちを一緒にして活動したかったのですが、仕方がありません。

幸いといっては何ですが、先月からモンバサに本部のあるストリートの子どもたちを対象に活動しているNGOがティカに進出、物議をかもしながらも活動を始めたとあって、スタジアムに来る子はずっと減っていました。このNGOの強引なやり方に付いては既に活動している他のNGOから子ども省へ異議申し立てがあったということですが、このことは又改めてご報告したいと思います。

さて、ということで一時休止することになったスタジアムでの活動ですが、その間避難していて学校に行っていない子どもたちを対象に、勉強とサッカーを指導することにしました。まだ少人数なのでモヨのオフィスで勉強し、その後サッカーです。

昨日集まった子どもたちのほとんどはキャンドゥトゥのスラムから避難してきている子どもたちでした。キャンドゥトゥの人々からは「キャンドゥトゥは問題ない。平穏だ」と聞かされていたのですが、結構多くの家族が避難しているようです。住んでいたキャンドゥトゥとここスタジアムの距離は歩いて10数分なのに、子どもたちが通っていた学校もすぐ側なのに保護者は行かせたがりません。矢張り不安なのでしょう。長年住んだキャンドゥトゥはとても遠くなってしまったのではないでしょうか。

この避難している人々の落ち着き先が見つかり、避難キャンプが閉鎖されるまで子どもたちを中心にモヨの出来ることを遣らして貰いたいと思っています。

2月16日記 テル

***********************************
Moyo Children Centre

P.O.BOX 2712 THIKA, KENYA
TEL: 254(KENYA)-020-2121356
MOBILE: 0722-791143
MAIL: moyo@africaonline.co.ke
***********************************


コメント
from: WADA JACK   2008/02/18 2:52 PM
ウガンダの和田です。今月、日本から帰ってきて、モヨ通信の11号を拝読いたしました。

松下さんのブログが見られるなんて幸せです。メールの送り方について、お話をいただいた頃からは想像もできません。なんて、目の前で言うと、ギロッと怖い目付きで見られそうで怖いので、ブログのコメントに書いてみます。

ケニヤの情勢はまだ不安定なようで、活動も大変でしょうが、松下さんの強い信念で全てを吹き飛ばされるものと、信じております。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://teru.moyo.jp/trackback/949979